子供にもビタミンを!手軽で美味しいおすすめ肝油グミ

肝油グミ暮らしのこと

花粉症は1週間で治る!(溝口 徹)を読んで以来、すっかりビタミンDにはまっています。

花粉症対策にビタミンDが効果あり?実際に試した結果と感想
花粉症にビタミンDがいいらしい。 そんな「嘘でしょ」としか思えないウワサを聞きつけて、花粉症歴30年の私が実際に試してみました。 結論としては「薬以外で症状を軽くしたい」「とにかく花粉症を…

こんなに大事な栄養素ならぜひ子供にも摂らせたい!と思い購入してみた商品が、予想外に美味しくて我が家で大ヒット中です。

お子様だけでなく大人も美味しいこども肝油&乳酸菌ドロップグミおすすめします!!

スポンサーリンク

ビタミンDについて

そもそもビタミンDってそんなに大事なの??という方のために、ビタミンDの効果多く含まれる食べ物ついて簡単にまとめてみました!

ビタミンDの効果

ビタミンDには

  • カルシウムの働きを助ける
  • 免疫機能を調節する

などの働きがあり、骨を丈夫にするだけではなくインフルエインザの予防花粉症の症状を抑える効果があるとも言われています。

一部ではがん予防にも効果があるとも言われていますが、このあたりはまだ賛否があるようですね。

そんなビタミンDが不足してしまうと

  • 骨や筋肉が弱くなる
  • 骨折や骨粗しょう症のリスクが高くなる

など、骨に関する症状がよく言われるため「お年寄りに必要な栄養素」のイメージが強かったのですが、風邪インフルエンザにかかりやすくなったり、疲労を感じたり、うつ症状を引き起こす原因になる場合もあるそうです。

ビタミンDはこどもにも必要?

骨の成長にとって大切なビタミンDは、成長期のこどもにとってかかせない栄養素です。

骨の発育に必要なのはもちろん、インフルエンザなど集団生活での感染が多いウイルスの感染予防のためにも積極的に摂取したいですね。

ビタミンDは日光に当たることで体内で作ることができますが、最近は紫外線対策として日焼け止めを塗っている子供も多いためビタミンD不足の子が増加しているとも言われています。

ビタミンDが含まれる食べ物

ビタミンDはきくらげや本しめじ、しいたけなどのキノコ類や、イワシ、カツオ、サケなどの魚介類卵黄などに多く含まれています。

普段の食事で必要な栄養素が摂取できるのが理想ではありますが、毎日の食事だけで補うのはなかなか難しいですね。。

家族の健康のためとはいえ、苦手な料理がますます嫌になりそうです…。

スポンサーリンク

肝油でビタミンD

ビタミンDを手軽に摂りたい!と考え、私自身はサプリで摂っていますが、錠剤が苦手な子供でも簡単に摂れるモノはないかな?? と調べていたところ出会ったのが「肝油」でした。

肝油とは

肝油とはタラやサメなどの肝臓から採取した脂肪油のことで、ビタミンA、Dが豊富に含まれています。

この肝油を子供用に食べやすくしたもので、有名なのが「カワイ肝油ドロップ」です。

この缶に見覚えのある方も多いのではないでしょうか?

肝油ドロップは、戦後から学校給食の栄養補助として用いられていたそうで、保育園や幼稚園でも「1日1粒食べていた」 という経験をお持ちの方も多いのだとか。

ただ地域差もあるようで、私自身はこの缶に見覚えはあるものの食べた経験はありませんでした。

肝油ドロップのお味は??

子供の頃に食べていた方にとっては懐かしの味でもあり甘くて美味しいという情報が多いのですが、気になるのは「バナナ風味」ということ。

これはもう個人的な好みの問題なのですが、バナナ風味って…どう考えても美味しそうな気がしないんですけど。。

しかも近所のドラッグストアでは300粒入りしかなく、お値段もなかなかなので食べてくれなかった場合が痛すぎる…。


実際はいろいろな種類と味があるようなのですが、どれも大容量…。

そんな中、ドラッグストア巡りでこども肝油&乳酸菌ドロップグミを発見したのでした。

スポンサーリンク

こども肝油&乳酸菌ドロップグミのココがすごい!

こちらがそのこども肝油&乳酸菌ドロップグミです。

肝油グミ表

100粒入りで1日3粒なので、約1ヶ月分ですね。

ドラッグストアでは1000円位でしたが、ネットの方が安いので今はそちらで購入しています♪

とにかく美味しい!

まず、この商品を選んだ理由がぶどう味だということでした。

「ぶどう味ともも味はだいたい美味しい」という勝手な持論のもと選びましたがコレが大当たり!!

個人の好みによるとは思いますが、しっかりとしたぶどう味で、グミや甘いものがあまり好きではない私でも美味しい!とついついつまんでしまうほどです。

もちろん、子供も(ついでに夫も)美味しい!と気に入ってくれました。

ビタミンDとAが一緒にとれる

肝油グミ裏

こちらのグミには、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンD、ビタミンCと乳酸菌が含まれています。

ビタミンAの併用でビタミンDの効果もアップするそうなので嬉しい組み合わせですね。

乳酸菌ではなくカルシウム配合だとさらに良かったのですが、このグミを食べ始めてからお腹がゆるくなったということは今のところないので安心して食べさせています。

デメリットも

これはもう「美味しくてついつい食べ過ぎてしまう」ということに尽きます。。

肝油グミ中身

目安は1日3粒となっていますが、直径1cmほどの小粒なグミなので3粒など一瞬で食べてしまうんです。

我が家では「1日5粒まで」ということにしていますが、一応「栄養機能食品」なので過剰摂取にならないようには気をつけています。

スポンサーリンク

まとめ

我が家ではすでに栄養補給というよりおやつ感覚になっていますが、子供にビタミンDを摂らせたい!とお考えの方には本当におすすめの食品です。

肝油グミ粒

グミが大好きなお子様は多いので、普通のおやつのグミの代わりにこちらの肝油グミで栄養補給をするのもおすすめですよ♪

他にもいろいろあるようです。