服にあいた穴をカンタン補修!針も糸もいらないダイソーの補修布

服にあいた穴をカンタン補修!針も糸もいらないダイソーの補修布ラク家事

洋服にあいてしまった穴を、針も糸も使わずにカンタン・キレイに直したい。

そんな衣類のラクラクお直しにぴったりなのが、ダイソーの補修布です。

残念な虫食い穴やこげ穴・カギ裂きも、100均グッズでサクッと修理しちゃいましょう♪

スポンサーリンク

ダイソーの補修布は6色セット

お気に入りのカットソーに小さな穴があいているのを発見…

買ったばかりなのに〜〜

ということで、裁縫が苦手な私ができるだけカンタン・ラクチンに補修するために購入してきたのがこちらの補修布(DAISO)です。

ダイソー補修布(濃いタイプ)

カギザキ・虫食い穴・こげ穴などなど衣類の補修に便利な、アイロン接着タイプの補修布です。

安心の日本製で、1枚8cm×10cmの補修布が6色セットでもちろん100円(税別)!

 

ダイソー補修布は6枚セット

今回修理する洋服の色にあわせて「濃いタイプ」のセットを選びました。

濃いタイプには、紺色・ブルーグレー・薄いグレー・茶色・ベージュっぽいグレー・黒の使い勝手の良さそうな6色がそろっています。

材質はポリエステル100%で「本当にコレで大丈夫?」と不安になるほど薄っぺらですが、水洗い・ドライクリーニングもOKなのだとか!

スポンサーリンク

ダイソーの補修布で衣類の穴を補修

それでは早速、ダイソーの補修布で衣類の補修をしてみましょう。

こちらが問題の穴あきカットソーです。

服にあいた穴(表面)

しっかりとした厚手の生地なのですが、どこでひっかけたのか気がついたら肩の近くに小さな穴があいていました…。

補修布の使い方(写真付きで解説)

補修方法はとっても簡単です。

  1. 補修する部分より少し大きめに補修布をカットする
  2. 衣類の裏側から補修布の接着面(ザラザラ面)を補修箇所にあてる
  3. あて布をあてて、中温のアイロンで約10秒強く押さえる

たった、コレだけ!

どんなに不器用な私でも失敗する可能性は低そうです。笑

 

まずは洋服を裏返して、補修する穴を確認します。

服にあいた穴(裏面)

写真では色が飛んでしまっていますが実際は濃いブルーグレーの洋服なので、一番色味が近い紺色の補修布を使うことにしました。

補修布を穴より大きめにカットして、穴をふさぐようにあてます。

穴に補修布をあてる

補修布の上にあて布をしてアイロンでぎゅーーーっと押さえると、しっかりと接着されました。

補修布をアイロンで接着する

表に返してみるとこんな感じ。

補修後の穴(表面)

よーーく見るとわかりますが、パッと見では穴とはわからなくなりました!

これでもうしばらくはこの服を着ることができそうです♪

あっという間にお直し完了〜!

補修布のデメリット

たった100円で簡単に衣類の補修ができるダイソーの補修布ですが、アイロン接着タイプなのでもちろんアイロンが必要です。

一人暮らしなどでアイロンを持っていない!という方は残念ながら使うことができません。。

「アイロンは持っていないけど簡単に衣類の補修をしたい!」という場合は、アイロン不要の補修シールもあるので探してみてはいかがでしょうか?

最近は100均でもシールタイプの布が販売されているので、補修予定の生地に合うものが見つかるかもしれませんよ。

補修布の耐久性は?

補修布の気になる耐久性についてですが、補修後すでに10回以上洗濯を繰り返していますがまったくはがれ落ちることもなく安心してじゃぶじゃぶ洗濯しています。

使用する布との相性もあるのかもしれませんが、今の所簡単にはがれたりすることはなさそうです◎

スポンサーリンク

まとめ

裁縫が苦手な方も、アイロンだけで簡単に衣類の補修ができるダイソーの補修布

とにかく早く!安く!簡単に!衣類の補修がしたいという方は、ぜひダイソーで探してみてくださいね。

かんたんお直し、オススメします!