花粉症対策にビタミンDが効果あり?実際に試した結果と感想

花粉症対策にビタミンDが効果あり?実際に試した結果と感想暮らしのこと

花粉症にビタミンDがいいらしい。

そんな「嘘でしょ」としか思えないウワサを聞きつけて、花粉症歴30年の私が実際に試してみました。

結論としては「薬以外で症状を軽くしたい」「とにかく花粉症をなんとかしたい」という方はぜひ一度試してみる価値アリです!

スポンサーリンク

花粉症がサプリで治る?

もともとアレルギーっ子だった私は、その昔「花粉症」という言葉がポピュラーではなかった時代から春になると大量のくしゃみと鼻水に悩まされていました。

その後のアレルギー検査でいつもの春風邪は「花粉症」と認定され、かれこれ30年以上の付き合いに。

ちなみにスギとヒノキがダメなので、例年2月下旬から5月のゴールデンウイーク明けまで本当につらいんです…。

試したけれど私には効果がなかったもの

そんな中、毎年花粉症シーズンになると藁にもすがる思いでいろいろなものを試してきました。

基本的に薬が苦手なので「花粉症に効く!」と言われればとりあえず試してみましたが、残念ながら効果を実感できるものには出会えませんでした。

『花粉症は1週間で治る!』

そして2019年、花粉症シーズンが始まりもはや恒例行事のように「花粉症対策」を検索していると1冊の本に出会いました。

その本とは 花粉症は1週間で治る!(溝口 徹) です。

タイトルからしてあやしいですね。笑

嘘っぽいし、見るからにあやしそうだけど読んでみたい…でもやっぱりあやしい…

と悩みながら、とりあえず楽天とamazonのレビューを読み漁りました。

ビタミンDがいいらしい

ブックレビューの中に度々出てきたのが「ビタミンD」というキーワード。

長年花粉症については情報収集をしてきたつもりでしたが、花粉症にビタミンDというのはこのときにはじめて知りました。

そうなると俄然気になるビタミンD

とりあえず飲んでみる

翌日、早速サプリを購入してきて飲んでみると、、あれ??なんだか花粉症の症状が軽くなったような??

ちょうど3日ほど前から花粉症の症状がひどくなってきていて、朝起きると目の周りがパンパンに腫れていたり、くしゃみ・鼻水が止まらず鼻のかみすぎで顔もカサカサヒリヒリしていた頃だったのですが、ビタミンDサプリを摂ってしばらくすると鼻をかんでいないことに気がつきました。

え? もしかして効いてる…??

明らかに楽になった!

いくらなんでも飲んですぐ効かないでしょ〜、プラシーボ効果なのかな〜、でも鼻が通って楽だわ〜

というゆるい感じで飲み始めたビタミンDサプリ

これがなんとも私にはあっていたのか、花粉症の症状がすっかり軽くなったのでした!!

こんなことははじめてだったので、それはそれは感動しましたよ。

飲み始めの頃は目のかゆみはあまりとれなかったのですが、1週間ほど摂り続けると目のかゆみもかなり改善されてきました。

スポンサーリンク

本当にビタミンDが花粉症に効果があるのか

確かに花粉症の症状が軽くなっているのを実感しながらも、これが本当にビタミンDのおかげなのかどうにも確証が持てずなんだかもやもや。。

今日は1日家から出てないしな〜とか、曇っているからそんなに花粉も飛んでいないのかも〜とか、あまりの症状の軽さに「花粉が少ない説」を信じようとするものの、まわりの人たちはやっぱりつらそうです。

ということで、結局買ってしまいましたよ、この本

花粉症は1週間で治る!

読んでみました

別に怪しい本ではありませんでした。ごめんなさい。

主にオーソモレキュラー療法についての本で、とてもわかりやすい言葉で書かれているのですんなりと読むことができました。

オーソモレキュラー療法とは簡単に言うと栄養療法のことで、栄養療法により体質改善を行い花粉症を完治しよう!というお話でした。(超ざっくりですが。)

花粉症は栄養不足?

この本では、現在の花粉症治療についての問題点、タンパク質の重要性、腸内環境改善のための食事法、ビタミンDの働きについてなど詳しくわかりやすく書いてありました。

花粉症対策にビタミンDを摂取してみようと思われる方はぜひ一度読んでみることをおすすめします!!

スポンサーリンク

ビタミンDサプリはコレを選びました

さて、花粉症は1週間で治る!を読んでビタミンDの重要性も理解したので、このままビタミンDサプリを飲み続ける予定です。

そんな私が選んだのはこちら。

ビタミンD 30日分(DHC)

安心の国内メーカー、DHCのビタミンD3

値段も安いし、先ほどの本でも植物由来のD2ではなく動物性のD3が推奨されていたので、きちんと「D3」と書かれていて安心です。

DHCのビタミンD3サプリについて

ちなみに、ネットで調べてコレにしよう!と決めて早速買いに出かけたのですが、DHCのサプリを取り扱っているドラッグストアーでもなぜかビタミンDだけ売っていないんです!

何店舗か確認しましたが、全てありませんでした…。

DHCのサプリならどこでも買えるだろ〜と思っていたので残念な結果でしたが、直営店で無事購入することができました。

DHCサプリ

マルチビタミンも一緒に購入♪

2月に1袋ずつ購入し効果を実感できたので再度直営店へ買いにくと、ビタミンDはなんと在庫切れ!!!やはり花粉症対策として購入される方が多いのでしょうか…。

次回入荷も未定と言われてしまい、結局DHCオンラインショップでまとめ買いしました。こっちは売り切れてなくてよかった…!!

(楽天等でも取り扱いはありますが、値段が高かったり送料無料にならなかったりするで公式オンラインショップで購入するのがおすすめです。)

\ こどもには肝油グミでビタミンDを /
子供にもビタミンを!手軽で美味しいおすすめ肝油グミ
花粉症は1週間で治る!(溝口 徹)を読んで以来、すっかりビタミンDにはまっています。 こんなに大事な栄養素ならぜひ子供にも摂らせたい!と思い購入してみた商品が、予想外に美味しくて我が家で…

 

ちなみにDHCオンラインショップで購入後、定期的に会報誌(カタログ)が郵送されてくるようになったのですが、紙のカタログはほぼ見ないので毎回処分するのが面倒で…。。

そこで先日フリーダイヤルの会報誌停止受付ダイヤルに電話したところ、特に理由を聞かれたり面倒なやりとりもなくすんなりと停止の手続きができました!

もっと早く電話すればよかった〜〜!!

ということで、不要な方はサクッと電話しちゃいましょう!

\ 迷惑ポスティングはコレで撃退!/
【効果あり】チラシお断りステッカーで迷惑ポスティング対策
毎日のようにポストに投函される不要なチラシにお困りではないでしょうか? その『いらないチラシ』、とっても簡単な方法で減らすことができるんです! チラシ撃退のために私が実際に行った対策とその…

話題のあの人も?!

ちょうど同じ頃に話題になっていた、タレントの武井壮さんがツイッターで花粉の倒し方を募集し、実際に試したところ効果があった!というニュース。

私も気になってtwitterの書き込みを見ましたが、その中にやっぱり!「ビタミンD」の書き込みがちらほら!!

ご本人はどの方法が効果があったのか明言されてはいませんが、私は勝手に「ビタミンDでしょ…!」と思っています。笑

スポンサーリンク

3月中旬の症状はこんな感じ

花粉飛散情報が毎日のように「非常に多い」という真っ赤なエヘン虫のようなマークになってしまっている3月中旬。あのマークを見ただけでムズムズします…。

昨年まではこうでした

例年では、家の中でも1日中マスク着用でそれでもくしゃみ鼻水が止まらずほぼ鼻が詰まった状態になっている頃です。

下を向いていると透明な水のような鼻水がポターっと垂れることも。。鼻のかみすぎで鼻の下はガサガサで鼻セレブが手放せなくなっている頃ですね。

寝る時もマスクを着用していましたが、鼻が詰まって苦しくて寝られず夜中に何度も起きて鼻をかむ…という生活でした。。

今年の変化は?

ビタミンDサプリを飲み始めて約20日経って迎えた3月中旬。

まず、部屋の中ではマスクなしで生活できています!

鼻水はやはり出ていますが、あの水のようにタラーっと出る鼻水はなくなりました!

くしゃみも出ますが、以前のようなあばらが折れるのでは?!というような激しい連続くしゃみはずいぶん減りました。

目のかゆみもかなり抑えられていて、気になった時に顔を洗えば治まる程度ですんでいます。

ただ、先日花粉の多い日に1日外で過ごした翌日の夜は今シーズン初めて鼻が詰まって寝苦しかったのですが、夜中にビタミンDサプリを飲んだらすーーっと鼻詰まりが取れて鼻呼吸ができるようになり無事寝れたのでした。これは本当にありがたかったです!!

こういうことを言うと「気のせいだ」とか「うそくさい」とか言われそうですが、私自身も未だに「本当にビタミンDのおかげなのかな??」と半信半疑ではあります。

それでも実際に症状が軽くなっているのは感じていますし、食事面は特に改善していないので他に思い当たる原因がないというのが実情です。

アルコールを飲むと途端に鼻が詰まるので、よくないことはわかっているのですが結局飲んでるし…。。

食事面も改善できればもっと花粉症の症状も良くなるような気はします。

スポンサーリンク

最後に

実際に試してみた感想として「花粉症にビタミンDは効く!」と思いましたが、あくまで個人の感想です。

持病がある方や薬を服用中の方、体質によってもサプリの摂取が適さない場合があります。

サプリといえども副作用の可能性があったり、使用方法を間違えば体に害を及ぼすこともありますので、きちんと正しい情報を手に入れて摂取するように注意しましょう。