愛用のスチームクリーナー【アイリスオーヤマ STM-410E】私が選んだ3つの理由

スチームクリーナーラク家事

私の愛用のスチームクリーナーは アイリスオーヤマのキャニスタータイプ <STM410-E> です。

スポンサーリンク

スチームクリーナーが欲しい!と思ったワケ

そもそもなぜスチームクリーナーを購入しようと思ったのか。

実はある悩みがありました。

床そうじについて悩んでいました

我が家のリビングの床は無垢フローリング(カバ桜)で、素足でも夏はべたつかないし冬もひんやりしすぎず無垢材の良さはしっかりと感じていたのですが、時が経つとともにメンテナンスの大変さに悩まされていました。

定期的に行うつもりだったワックスがけも気がつけば数年行っていない状態で…どんどん汚れは積み重なっていくばかり。

無垢材は水分NGと聞いていたので基本のそうじは掃除機をかけるだけでしたが、土埃が多く入ってきやすい環境なこともあり、なんだか床がいつもザラザラ…その他にも少し拭いたくらいでは落ちない汚れや黒ずみが目立つようになってきました。

無垢材にスチームクリーナー?!

いい加減ワックスがけをしなければ!とは思うものの、その前にこの長年溜め込んだ汚れを落とさないといけないのかと思うとなかなか重い腰が上がらず。決して広い家ではないのですが雑巾だけで全ての汚れを落とそうと思うとかなりの重労働なのです。かといってモップがけで綺麗になるレベルの汚れでもなく。。

そんな中、何かラクなメンテナンス方法はないかな〜と検索していて発見したのが無垢フローリングをスチームクリーナーで掃除されている方のブログでした。

水分NG、急激な温度変化もダメでホットカーペットすらもNGと信じていた私にとって、高温の蒸気で掃除するスチームクリーナーと無垢フローリングの組み合わせは衝撃的でした。

意外とみんなやっていた

そこからスチームクリーナー × 無垢フローリングの記事を探してはひたすら読み漁り、すっかりスチームクリーナーの虜に。

世の中にはなかなかのチャレンジャーがいるものだなぁと感心しつつ、完全に私も試してみたくなってしまったのでした。

無垢材に水分・高熱はやっぱりNGだと思うのであくまでも自己責任で行うことに。ただその時の私は「とにかく楽に汚れを落としたい」一心だったのであまり迷いはありませんでした。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマのキャニスタータイプを選んだ3つの理由

こうしてスチームクリーナーの購入を決意した私は早速リサーチをはじめましたが(こういう時の行動は早い)こんなにいろいろな種類があるなんて!

とりあえずスチームクリーナーの種類やタイプについて調べてみると自分に必要な商品がわかってきました。

スチームクリーナーの選び方 購入前に知っておきたい種類とタイプ
この記事では「自分に合ったスチームクリーナーの選び方」についてご紹介します。 スチームクリーナーを購入したいけど種類が多くてどれを選べばよいかわからない! パネル式とボイラー式って何が…

① とにかく楽に床掃除をしたい!

私の場合目的がはっきりしていたので床掃除に最適なものを選ぶことにしました。

長時間使用可能ボイラー式でキャニスタータイプのものが一番の候補となりましたが、気軽に床掃除ができそうなスティックタイプも気になるところ。

ただスティックタイプだと私の目的である「無垢床の汚れをしっかり落とす」ためにはパワー不足に感じたので、目的を達成すべくキャニスタータイプを選択することに決めました。

また、噴射待ち時間については私は特に気にならなかったので10分くらいだったら問題なしとしました。

② 信頼のメーカー

メーカーについてはスチームクリーナーといえばやっぱりケルヒャー?というくらいの認識しかなかったので、まずはケルヒャーの製品をチェック!高圧洗浄機も気になっていたので以前から好きなメーカーではありました。でもやっぱりお高いイメージ…。

他にないかな?と調べて見つけたのがアイリスオーヤマのスチームクリーナーでした。もともとアイリスオーヤマのエアリーマットレスを愛用しておりとっても気に入っていたので、私にとっては好印象のメーカーでした。日本企業というところもやっぱり安心感があります。



ここでぐぐっと一気に候補となったアイリスオーヤマ。他にもいろいろなメーカーのものもありましたがあまり馴染みのないメーカーが多かったので(私が知らないだけだとは思いますが…)正直他はほとんどリサーチしませんでした。。

③ 付属パーツが充実

主な目的は「床そうじ」でしたが、せっかくならば他の場所も家中キレイにしたい!ということで使い道の広がるパーツがどれくらい用意されているかは確認しました。

ケルヒャー、アイリスオーヤマともに商品によって付属パーツが異なるものの、別売りでも用意されていたので後から買い足せるというのは安心感がありました。

また、この2メーカーは近所のホームセンターでも別売りパーツが売られていたので(しかもかなり充実)気軽に購入できるというのも決め手になりました。

スポンサーリンク

結局決め手はコレでした

家電はできるだけ白で揃えているのでホワイトな見た目も気に入りアイリスオーヤマのキャニスタータイプに決定!

<STM-410E> or <STM-416W> ?

そうなると<STM-410E>か、さらに高スペックな<STM-416W>のどちらか…どうせ買うならより高性能な<STM-416W>を選びたいところですがもちろんその分お値段も上がります。

もともと飽き性なところもあるので果たしてきちんと使い続けるのか、そもそも本当に効果があるのかわからないものを買うには私にとってはなかなかのお値段です。

レンタルでのお試しも検討していました。

<2020年版>スチームクリーナーがお試しできるレンタルサービス【おすすめ2選】
スチームクリーナーを使ってみたいけど本当に効果があるのか、ちゃんと使い続けられるのかわからない…。 そういった不安を感じている方も多いのではないでしょうか。 そんな「いきなり購入するのはち…

出会いは突然に

できるだけ安く手にいれよう!と某フリマアプリで探してみたところ出品自体は見つけられるのですが、商品の状態、出品者の評価、価格など全ての条件を満たすものとはなかなか出会えず…。

そんな中たまたま条件にあったのが<STM-410E>だったのでした。

結局、ほぼ未使用品を通常販売価格の6割程度で手にいれることができました。

最後に

最終的にたまたまの出会いで<STM-410E>に決まったわけですが、自分の目的にあった商品を絞り込んでおいたおかげで満足できるお買い物となりました。

ただやはりキャニスタータイプは置き場所をとるので、いつか家中がピカピカになって汚れを溜め込まない生活ができるようになったらハンディタイプに買い替えたいなぁ と密かに思っていたりします。